バイアグラの勃起不全予防効果?

バイアグラの勃起不全予防効果

泌尿器科の医師の中には、バイアグラが勃起不全の予防するのではないかと推測している人も中にはいます。

 

ボストン大学医学部泌尿器科のアーウィン・ゴールドスタイン博士が行った研究から、睡眠中の勃起がED(勃起不全)の予防に非常に有効であることが示唆されました。

 

勃起をすることで、海綿体に必要な酸素や養分が考究され、いい状態になるからです。

 

男性は睡眠中に勃起をしている時間が平均で3時間相当あります。通常は気がつかないです。

 

ゴールドスタイン博士の研究によりますと、睡眠中の勃起があまり起こらない人は後年になってED(勃起不全)になる可能性が高いといいます。

 

ゴールドスタイン博士は、バイアグラを服用すると睡眠中に勃起が良く起こることに注目し、こういう人たちはバイアグラを処方するといいのではないかと考え、「ニューヨークタイムズ」紙上で、「心臓発作を予防するためにアスピリンが用いられていますが、勃起不全とバイアグラも同じことです」と語っています。

 

将来のED(勃起不全)を予防するというのは、今のところバイアグラの適応症ではありません。それに睡眠中の勃起がペニスの健全を保つための自然現象であるという考えも、まだ単なる仮設の段階なのです。

 

1錠10ドルのバイアグラは、現在は何の問題もないが予防をしておきたいという人がビタミン剤として飲むには高すぎるのです。

 

だが、軽度から中程度の機能不全がある人の場合は、バイアグラを規則的に服用することであったすることを防ぐと考える博士もいます。



このページの先頭へ戻る